500000カウントのテスター SANWA PC7000を購入してみた

sanwa テスター PC7000計測機器
スポンサーリンク

はじめに

前から欲しかった SANWA(三和電気計器)の PC7000 というテスターを買ってしまいました。

中華テスターやジャンクのデジタルマルチメータをたくさん持っているのに、ちゃんとしたやつを一つも持っていなかったので、基準となる物を一台持っておきたかったためです。
据え置きではないテスターとしては唯一の500000カウントです。

梱包箱
箱(ソフトケースは付属してません)
開封時の写真
開封時の写真、校正証が付属しています

しっかりとしたダンボールのケースに入っています。中は紙のトレーになってます。
ただ、ソフトケースは標準で付属していないので、この箱に毎回しまって保存しておくことにします。(中華テスターに慣れ過ぎてソフトケースが付属しているのが当たり前の感覚になってました…)

DC電圧を中華テスターやジャンクマルチメータと比較してみる

詳しいスペック紹介はメーカーのホームページにマニュアルを公表してくれているので省略しましょう。
DC電圧の測定精度は500mV、5Vレンジの際に最高±0.03%rdg、±2dgtです。

ちなみに500000カウント時の最高精度は、±0.03%rdg、±20dgtです。(同じ?)

DC電圧を中華テスターやジャンクのマルチメータ3478Aと比較してみました。
また、今回は本気を出して、実家からヒューレットパッカードのマルチメータ3457Aを1台引っ張り出してきました。

DC電圧比較の様子
DC電圧比較の様子
中華テスター AN870、HP-770Dとの比較
中華テスター AN870、HP-770Dとの比較

3457Aはしっかりと暖機したあと、オートキャリブレーション機能を実行して、7桁100PLCで測定しています。大人げないですね。
余談ですが、3457Aを分解すると綺麗な回路基板が拝めます。それだけでも購入しておきたいですね。

37397844

(c)picmin画像素材 PIXTA –

比較結果が下記の表になります。(表示された値をそのまま記載しています)

R6144
出力設定値
PC7000
測定値
HP-770D
測定値
AN870
測定値
3478A
測定値
3457A
測定値
16.000mV15.98915.98215.99015.994716.00194
40.00mV40.01540.0140.02040.01140.0196
160.00mV160.112160.10160.12160.080160.0852
0.4000V400.167400.150.40020.400080.400081
1.6000V1.600471.59971.60101.600171.600155
3.000V3.001243.00023.0023.000593.00048
4.000V4.001214.00004.0024.00024.00016
16.000V16.005216.00116.01416.001616.00152
30.000V30.009130.00430.0330.002430.00219
32.000V32.009332.00432.0232.00332.0022

PC7000は500000カウントモードで測定しています。
mVレンジは、530mV以上でオーバーレンジ、Vレンジは、5.3V以上で上のレンジに切り替わり、4.6V以下で元のレンジに戻るという挙動です。実質530000カウントなので嬉しいですね。

今まで我が家の基準としていた3478Aと3457Aがほぼ同じ値を示しているのが悩ましいところですが、今後は校正証付きのPC7000を基準としたいと思います。

抵抗値も比較してみる

抵抗測定も比較してみました。

抵抗測定時の様子
抵抗測定時の様子
今回測定した抵抗
今回測定した抵抗
抵抗器PC7000
測定値
HP-770D
測定値
AN870
測定値
3478A
測定値
3457A
測定値
15Ω±5%15.0314.7115.0214.887314.9021
220Ω±1%220.38219.520.2205220.223220.314
1.5kΩ±1%1.50131.50121.50191.501061.50164
3.3kΩ±1%3.29963.29883.3023.29893.3002
10kΩ±1%9.9969.99410.0079.998110.0020
191.5kΩ±1%191.63191.75191.86191.638191.663

3478Aと3457Aは4端子法で測定しています。
15Ω時だけHP-770Dが小さいですね。

コンデンサ容量測定

コンデンサの容量測定も比較してみました。
精度の良いコンデンサを持っていないので、毎回同じものを測定して比較しています。

コンデンサ容量測定時の様子
コンデンサ容量測定時の様子
今回測定したコンデンサ
今回測定したコンデンサ
コンデンサPC7000
測定値
HP-770D
測定値
AN870
測定値
DE-5000
測定値
150pF±5%0.170.080.142153.1
6.8nF±5%6.826.836.8026.780
68nF±10%69.269.369.3468.88
0.47μF±10%477.90.495477.1474.3
6.8μF6.816.676.7246.685
22μF(電解)21.6720.8421.7320.69
2200μF(電解)2.0221.8662.0081306.6

PC7000の最小レンジは50.00nFなので、150pFの測定は少し厳しいようですね。

バーグラフとデュアル表示機能

バーグラフ表示

60回/秒の高い更新レートのバーグラフ表示機能が有ります。(数値部の更新レートは5回/秒、500000カウント時は1.25回/秒)
これだけ高速だと、アナログテスターのような感覚で確認できますね。

バーグラフ表示
バーグラフ表示(バックライトはアンバーでシブイですね)

ただし、下記のデュアル表示時はバーグラフは表示できません。(AC電圧/周波数のデュアル表示時は可能)

デュアル表示機能

このテスターで凄いと思ったのが、AC電圧/周波数のデュアル表示だけでなく、DCとACの電圧・電流もデュアル表示できるところですね。

コンセントの電圧を測定(デュアル表示)
コンセントの電圧をデュアル表示で測定(AC100V、西日本なので60Hz)

ただ、デュアル表示時はバーグラフ表示が無くなることと、更新頻度が低下するのと、測定精度もシングル時より落ちるというデメリットもあるので、使い分けは必要ですね。

下記の例では、DC2.5Vに1kHzのSin波を重畳させてみた時の測定値とオシロスコープの波形です。
PC7000はメイン:DC、サブ:ACを表示しています。

DCとACのデュアル表示例1
DCとACのデュアル表示例1
オシロスコープで見た波形
オシロスコープで見た波形

下記の例は、DC10Vに1kHzの三角波を重畳させてみた時の測定値とオシロスコープの波形です。PC7000はメイン:DC+AC、サブ:ACを表示しています。

DCとACのデュアル表示例2
DCとACのデュアル表示例2
オシロスコープで見た波形
オシロスコープで見た波形

電流でも同じことが出来るようなので、DCDCコンバーターのリプル電流の測定が出来るかな?と思いましたが、測定可能周波数レンジは、mAレンジ10Hz~10kHz、Aレンジは10Hz~3kHzのようなので難しそうです。

表示レンジはメイン・サブ何れか大きい方に追従するようです。

下記の例ではACノイズのない電源として、電池(単三電池6本直列)を測定してみました。AC電圧は初めは大きな値が表示されて、徐々に時間をかけて小さくなっていくような挙動です。

電池をデュアル表示で測った例1
電池をデュアル表示で測った例1:AC電圧はかなりゆっくり減少していきます。
電池をデュアル表示で測った例2
電池をデュアル表示で測った例2:最終的には安定してACは0Vになりました。

PCと接続してデータロガーにする

PC7000はパソコンと接続してデータロガーとして使う機能が有ります。ただし、別売りの光リンク接続ケーブル「KB-USB7」が必要です。そして純正のデータロガーソフト「PC Link 7」も別売りです。

「KB-USB7」だけで中華のUSB接続テスターが買えちゃう値段なので、流石にこの2点セットを買うのはキツイなと思っていましたが、ありがたいことにフリーソフトの「TsDMMViewer」でも使えるということなので、「KB-USB7」だけ購入して試してみました。

KB-USB7と梱包箱
KB-USB7と梱包箱
KB-USB7をテスターに取り付けたところ
テスターに取り付けたところ

Windows10ですが、接続するだけでドライバも自動で入り、簡単に使用することが出来ました。
500000カウント時は6桁目までデータ取れているようです。
この時のログデータを参考までにアップしておきます。(csv形式)

TsDMMViewerでの通信
TsDMMViewerでの通信の様子

デュアル表示時も両方のデータが記録できるのでうれしいですね。
参考ログデータ(csv形式)はこちら

TsDMMViewerでの通信(デュアル表示時)
TsDMMViewerでの通信の様子(デュアル表示時)

まとめ

500000カウントのテスターSANWA PC7000を買ったので紹介してみました。
精度も良いですが、高速なバーグラフや数値更新頻度で、もっさり感が無いのが使っていて気持ちいいです。

このテスターがあれば中華テスターはもう要らない?かと思いきや、残念ながらそうはならずに、最近はUSB接続等の一芸に秀でた物をボチボチ購入しています。追ってそれらも紹介したいと思います。

参考リンク

今回比較した中華テスターの記事は下記になります。

SANWA PC7000と、光リンク接続ケーブル KB-USB7

計測機器電子工作
スポンサーリンク
このページをシェアする
のぶをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のぶらぼ
タイトルとURLをコピーしました