小型で高性能な中華テスター BSide ZT302を購入してみた

BSIDE テスター ZT302計測機器

コンパクトで高性能な中華テスター、BSide製 ZT302を購入してみたので紹介します。

PCとの接続機能などの飛び道具的な機能は無いですが、非常に使いやすいテスターです。

似たような機種が他メーカーからもOEMで出ており、おそらくANENG AN8008と同じものだとおもいます。(持ってないので想像ですが)

スポンサーリンク

BSide ZT302の特徴について

単3電池2本で動作する小型テスター

ニッケル水素充電池が使えるのがうれしいですね。

・小型でも9999カウント表示

4000カウントや6000カウントのものが多い中、この機種は9999カウントです。

・軽快でもっさりしていない動作

更新レートは3回/秒です。

・コンデンサ容量・周波数測定・Duty測定機能あり

最近のテスターには基本的な機能ですが、しっかり搭載されています。
ただし、温度測定機能は無いようです。

・矩形波出力機能搭載

これはテスターには珍しい機能ですね。以前購入したクランプメータ ANENG ST209にも有った機能です。

外観とスペック・機能

開封・外観写真

箱と付属品一式
箱と付属品一式
ZT302本体正面
正面から見た写真

付属品盛りだくさんな中華テスターが多いですが、この製品はシンプルなセットです。
テストリードと比較的薄い巾着袋のようなポーチが付属しています。

ZT302本体裏側
裏側から見た写真
電池フタ開封
電池フタ開封

電池フタのネジには、インサートナットがあります。付け外しでネジバカになる心配がなくなるので、安心ですね。
今回はニッケル水素電池を入れて動作させてみました。

スペック・機能

説明書に記載してある精度と、誤差がそれぞれのレンジで具体的にどの位の値になるか計算してみました。

DC電圧
測定レンジ分解能精度%誤差dig誤差合計誤差誤差単位
9.999mV0.001 mV±(0.5%+3dig)0.050.0030.053mV
99.99mV0.01 mV±(0.5%+3dig)0.50.030.53mV
999.9mV0.1 mV±(0.5%+3dig)50.35.3mV
9.999V0.001V±(0.5%+3dig)50353mV
99.99V0.01V±(0.5%+3dig)0.50.030.53V
999.9V0.1V±(0.5%+3dig)5.00.35.3V

AN870の時と同じですが、%誤差がフルスケール誤差(%F.S)なのかリーディング誤差(%rdg)なのか、説明書を見てもわからないので、悪いほうにみてフルスケール誤差のレンジMAX値で測定したとして計算してます。
リーディング誤差の場合、%誤差は測定値に比例します。

AC電圧
測定レンジ分解能精度%誤差dig誤差合計誤差誤差単位
9.999mV0.001 mV±(1%+3dig)0.100.0030.103mV
99.99mV0.01 mV±(1%+3dig)1.00.031.03mV
999.9mV0.1 mV±(1%+3dig)100.310.3mV
9.999V0.001V±(1%+3dig)1003103mV
99.99V0.01V±(1%+3dig)1.00.031.03V
750.0V0.1V±(1%+3dig)7.50.37.8V

周波数範囲:40Hz~1kHz
True RMSと本体に書いてあるので、真の実効値測定に対応しているようです。

DC電流
測定レンジ分解能精度%誤差dig誤差合計誤差誤差単位
99.99µA0.01µA±(0.8%+3dig)0.80.030.83µA
999.9µA0.1µA±(0.8%+3dig)80.38.3µA
999.9mA0.1mA±(1%+3dig)100.310mA
9.999A0.001A±(1%+3dig)0.10.0030.103A

µAレンジでかなり小さい電流を測定することが出来ます。
ただし、µAレンジ(MAX≒100μA、1mA)とmAレンジ(MAX≒1A、10A)の差が大きいです。
※10mAと100mAのレンジが無い

AC電流
測定レンジ分解能精度%誤差dig誤差合計誤差誤差単位
99.99µA0.01µA±(1%+3dig)10.031.03µA
999.9µA0.1µA±(1%+3dig)100.310.3µA
999.9mA0.1mA±(1.2%+3dig)120.312mA
9.999A0.001A±(1.2%+3dig)0.10.0030.123A

周波数範囲:40Hz~1kHz

抵抗値
測定レンジ分解能精度%誤差dig誤差合計誤差誤差単位
99.99Ω0.01Ω±(1%+3dig)1.00.031.03Ω
999.9Ω0.1Ω±(0.5%+3dig)50.35.3Ω
9.999kΩ0.001kΩ±(0.5%+3dig)50353Ω
99.99kΩ0.01kΩ±(0.5%+3dig)0.50.030.53
999.9kV0.1kΩ±(0.5%+3dig)5.00.35.3
9.999MΩ0.001MΩ±(1.5%+3dig)1503153
その他機能
テスター本体のスイッチ周り
テスター本体のスイッチ周り

・コンデンサ容量
・ダイオードテスト機能
・導通チェック機能(50Ω以下でブザーが鳴るようです)
・周波数、Duty比測定モード
・矩形波出力機能

コンデンサ容量等は取扱説明書にも詳細なスペックは記載されてないので、実際に動かして実力を見てみましょう。

動作確認

今回も、手持ちの測定器と比較してみました。
比較したのは、SANWA製テスター PC7000と、ヒューレットパッカード製のデジタルマルチメーター 3457A(ジャンク品)です。
信号源はアドバンテストのR6144(ジャンク品)を使用しています。

数値はいずれもモニタに表示された値をそのまま記載しています。

DC電圧測定

DC電圧測定の様子
DC電圧測定の様子
R6144出力設定値ZT302測定値PC7000測定値3457A測定値
9.900mV9.8919.8879.90055
-9.900mV-9.895-9.921-9.90212
99.00mV99.0699.07399.0564
-99.00mV-99.05-99.104-99.0563
160.00mV160.1160.132160.0951
0.9900V990.10.990280.990129
-0.9900V-989.9-0.99058-0.990092
9.900V9.9019.90389.90094
-9.900V-9.901-9.9043-9.90086
32.000V32.0032.012032.0025
-32.000V-32.01-32.0131-32.0024

オートレンジでの動作は、9999カウント以上で上のレンジに上がり、8500カウント以下で戻ってくる挙動です。
ほぼすべて4桁表示出来るので良い感じですね。9999カウント付近で電圧が少しオーバーシュートして下がってきたような場合は、3桁表示になってしまう時があります。

DC電流測定

R6144出力設定値ZT302測定値PC7000測定値3457A測定値
0.0990mA99.0199.1199.1107
-0.0990mA-99.07-99.08-99.1088
0.9900mA990.9990.60.990368
-0.9900mA990.8-990.6-0.990346
16.000mA15.716.00416.00259
160.00mA159.9160.04159.9851
-160.00mA-160.3-160.04-159.9838

10mAと100mAのレンジが無いため、16mAなどは3桁表示になってしまいます。

抵抗値測定

抵抗値測定の様子
抵抗値測定の様子
測定した抵抗器
測定した抵抗器
抵抗器Z302測定値PC7000測定値3457A測定値
15Ω±5%14.9714.9914.90217
220Ω±1%220.4220.34220.2862
1.5kΩ±1%1.5001.50161.501658
3.3kΩ±1%3.2983.30043.29993
10kΩ±1%9.999.99910.0013
191.5kΩ±1%191.5191.72191.6905
2.2Ω±5%2.272.282.19336
3.9MΩ±5%3.9733.96923.97631

いつもの抵抗に加えて、2.2Ω(小さめ)と3.9MΩ(大きめ)も測定してみました。
問題なさそうです。

コンデンサ容量測定

コンデンサ容量測定の様子
コンデンサ容量測定の様子
測定したコンデンサ
測定したコンデンサ
コンデンサZ302測定値PC7000測定値DE-5000測定値
150pF±5%0.1280.17152.5
6.8nF±5%6.7936.816.776
68nF±10%69.3769.168.87
0.47μF±10%477.8477.3474.7
6.8μF6.7316.796.696
22μF21.8421.6620.80
2200μF2.0242.0351880.2

150pFの測定値は少し怪しいですが、PC7000も似たようなものですね。

波形出力機能の確認

出力波形をオシロスコープで測定してみました。
綺麗な矩形波が出力されています。

電圧はおよそ2.6Vppです。電池の電圧でしょうか?

50Hz出力時の波形
50Hz出力時の波形
1kHz出力時の波形
1kHz出力時の波形
5kHz出力時の波形
5kHz出力時の波形

出力できる周波数は、50Hz、100Hz、200Hz、300Hz、400Hz、500Hz、600Hz、700Hz、800Hz、900Hz、1kHz、2kHz、3kHz、4kHz、5kHzです。
SELECTボタンを押す度に周波数が切り替わります。

まとめ

ZT302スタンドで立てた状態

単3電池2本で動作する9999カウントのコンパクトで高性能な中華テスター、BSide製 ZT302を購入してみたので紹介しました。

良かった点

単3電池2本動作、ニッケル水素充電池でもオッケーです。
コンパクトかつ、軽快な動作。数値は毎秒三回更新です
9999カウント、四桁表示ですが、途中でレンジが上がって事実上三桁になることが少ないため、使っていて気分が良いですね。
珍しい矩形波出力機能あり。なお、活用方法は見いだせていません…

悪い点、イマイチ点

そんなに気になるような点がない優秀な機種ですが、あえて挙げるとすれば、
電流レンジに10mAと100mAのレンジが無い
PCとの接続機能は無い…これはあるほうが珍しいんですが!
温度測定機能が無い…兄弟機種のZT301には矩形波出力の代わりに温度測定機能があるようです。
また、ANENGのAN8009は代わりにNCV機能があるようです。
さあ貴方はどれを選びますか?(全部載せてくれ)

参考リンク

分解してみたので写真を下記の記事にまとめました。

今回比較したSANWA製テスター PC7000の紹介記事です。

今回のBSIDE ZT302はアリエクスプレスで購入しました。Amazonでも購入出来ますが割高感はありますね。

その他の中華テスターの紹介記事

計測機器電子工作
スポンサーリンク
このページをシェアする
のぶをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のぶらぼ
タイトルとURLをコピーしました