40000カウントの中華テスター HoldPeak HP-770D を分解してみた

中華テスターHP-770Dの分解計測機器

HoldPeak HP-770Dは40000カウントで比較的お手頃価格で買える中華テスターです。

テスターとして一通りの測定機能と、電流・電圧誤挿入防止のシャッター、バーグラフ、オートバックライトと機能が盛りだくさんのテスターです。
※足りないのはPC接続機能くらい?

中身がどうなっているのか興味本位で分解してみました。

動作確認・レビュー記事は下記をご覧ください。

スポンサーリンク

外観写真

外観の写真を改めて載せておきます。

HP-770D本体表側
HP-770D本体裏側

・電池フタ開封
この状態でもヒューズが交換できるように開口部があります。

HP-770Dバッテリーカバー開封

・ラバーカバー取り外し
ちょっとだけスリムになりましたが、あまり変わりません。

HP-770Dラバーカバー取り外し
HP-770Dラバーカバー取り外し(裏側)
スポンサーリンク

分解してみる

分解方法

カバー開封

電池フタとラバーカバーを外した状態から、下側のネジ2本を外すと裏側のカバーを取り外すことが出来ます。

HP-770D裏面カバー取り外し
メイン基板の取り外し

基板上のネジが多いですが、写真左側の中心3本と、左から2列目の2本は液晶パネル固定用のネジのため、外さなくても良かったです。
※というか、外すと元に戻すのが大変です。

HP-770Dメイン基板

ネジの長さも微妙に違う気がします。(短いほうを液晶パネル側に使って元に戻しました)
ネジが何故か若干錆びていました。

タッピングネジ

メイン基板が外れました。

メイン基板取り外し
スイッチパネル側

ロータリースイッチは、誤挿入防止のシャッターがあるため少し複雑な形状をしています。
入力端子部は端子むき出しではなく、しっかりした別パーツにネジ止めされています。

ロータリースイッチ部分

スイッチパネル側の基板です。
先端に赤・緑色のLEDと、オートバックライト用のCdSセル(光センサー)があります。
青色のパーツは、トランジスタのhFE測定用のコネクタです。

スイッチパネル側の基板

基板上のネジを全て外していたので、液晶パネル部分も外れました。

LCDパネル取り外し

ロータリースイッチの先端が光る仕様になっており、中心部にLEDが仕込んであります。
スイッチの先端に向けて導光板のようなパーツがあります。手が込んでますね。

ロータリースイッチ取り外し
元に戻す方法

端子誤挿入防止用のカバーがあるので、ズレた状態だと組み立てがうまくいきません。
正解は下の写真の位置になります。

組み立て時の正解位置

基板の写真

黒丸で樹脂封入されたCOB(チップオンボード)実装ではなく、久しぶりにちゃんとパッケージされたICを見ました。嬉しいですね。
先端の金属パーツは、NCV用のアンテナのようです。

HP-770D基板の写真
一番大きいIC(N202 HY11P14と記載有り)

HYCON Technology社製のHY11P14というICが使われています。(LQFP100パッケージ)
調べたところ、「Embedded 18Bit ΣΔADC、8Bit RISC Like Mixed Signal Microcontroller」だそうです。マイコンですね。
4×40のLCDドライバー機能や低ノイズオペアンプ機能なども内蔵されているようです。

HYCON Technology社製のHY11P14というマイコン
HYCON Technology社製のHY11P14というマイコン
2番目に大きいIC(N200 HY3131と記載あり)

同じくHYCON Technology社製のHY3131というICが使われています。
50000カウントのテスター用アナログフロントエンドICです。

テスター用アナログフロントエンドIC:HY3131
テスター用アナログフロントエンドIC:HY3131
その他のIC

EEPROM:24C02Nと記載有ります。

電圧リファレンスIC:LM385Z-1.2が使われています。

EEPROM:24C02N
EEPROM:24C02N
電圧リファレンスIC:LM385Z-1.2
電圧リファレンスIC:LM385Z-1.2
入力端子まわり

入力端子部周辺の写真を載せておきます。
電流20Aレンジ用のシャント抵抗は端子の下側にあります。(R16)
シャントに太い線でジャンパしてありますが、発熱対策でしょうか。

HP-770D入力端子まわり

電池カバー開封時から見えていましたが、500mAと20Aの電流レンジにそれぞれ白いヒューズがあります。セラミックヒューズでしょうか。耐圧は500Vと記載あります。
電圧入力部の保護用のPTC素子が端子部付近にあります。

500mAヒューズ
20Aヒューズ

入力端子部の樹脂パーツを横から撮影してみました。

入力端子部の写真1
入力端子部の写真2

ロータリースイッチ用のLEDが表側に向けて実装されています。
基板上のシルクに「770D Rev2.0 2015.5.8」と記載あります。結構前から売っている機種なんですかね。

ロータリースイッチ用のLED

まとめ

40000カウントの中華テスター、HoldPeak製のHP-770Dを分解したのでまとめてみました。

40000カウントのテスターとしては、比較的お手頃価格で購入出来るテスターで、誤挿入防止シャッターや先端が光るロータリースイッチなどのギミックも面白いですね。
基板や入力端子回りもANENG AN870よりはお金がかかっている感じがします。

個人的には気に入っているので、今後も大事に使っていきたいと思います。


HP-770Dの動作確認、レビュー記事です。

その他のテスターの分解記事

計測機器電子工作
スポンサーリンク
このページをシェアする
のぶをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のぶらぼ
タイトルとURLをコピーしました