USB接続できる中華テスター HoldPeak製HP-90Kを分解してみた

USB接続可能なテスター HP-90K分解計測機器

HP-90Kは、HoldPeak製のUSB接続可能な6000カウントの中華テスターです。

動作確認のようすは下記の記事を参照ください。

類似機種のHP-90EPCも購入しましたが、HP-90KとHP-90EPC、外観は似ているのに結構機能が違います。気になったので分解して比較してみました。

長くなるのでHP-90EPCは別記事でまとめました。(下記参照)

スポンサーリンク

外観写真

HP-90K 本体表側
HP-90K 本体表側
HP-90K 本体裏側
HP-90K 本体裏側
HP-90K ラバーのカバーを外した状態
ラバーのカバーを外した状態
HP-90K 電池フタ開封
電池フタ開封
ネジ部はインサートナットがあります。
ラバーのカバーを外さなくても電池交換は可能です。
電池は、角型9V(006P型)

分解してみる

分解方法

裏側からネジ4本を外すと、カバーを外すことが出来ます。

HP-90K 裏面カバー取り外し
HP-90K メイン基板部
メイン基板部
メイン基板取り外し

基板を固定しているネジ5本を外すと、メイン基板が外れます。
気付きにくいですが、800mAのヒューズの下にもネジが隠れていました。

20Aヒューズ部
20Aヒューズ部
800mAヒューズ部
800mAヒューズ部
ヒューズの下にネジがありました。

ヒューズは、20A/500V、800mA/500Vのものが使われています。

保護回路はHP-90EPCよりもしっかりしているようです。
サージアブゾーバー(バリスタ、ZNR)のようなものも有ります。(青色のVDRとシルクで書かれている素子)

取り外したメイン基板
取り外したメイン基板

スイッチ側はグリスの様なものが塗ってありました。知らずに触ってベタベタになってしまいました。
後で写真を見ると触ったせいでスイッチの方にも付いてしまってますね。大丈夫でしょうか。

メイン基板スイッチ側
メイン基板スイッチ側

使われているIC

【一番大きなIC】SINO WEALTH SH79F6431Pと刻印あり
intel 8051系マイコンのようです。

IC:SINO WEALTH SH79F6431P

【2番目に大きなIC】DTA0661Lと刻印あり(Dream Tech International製?HYCON Technology製?)
検索してもよくわかりませんが、マルチメーター機能のICのようです。
※このICはUNI-T UT191Tの中にも入っているようです。
TsDMMViewerでUNI-Tを選ぶと通信できるかも?(→試してみましたがダメでした

IC:DTA0661LとEEPROM 24C02N

右側の24C02Nと書いてある8ピンのICはEEPROMのようです。
頑張って手はんだしたような形跡があります。

CD4070BPと書いてあるIC:4Ch、4入力、XORゲートのロジックICのようです。

IC:CD4070BP

【USB出力端子付近のIC】
HOLTEK HT1621B:LCDコントローラーのようです。
PL2303HX:USB-シリアル変換コントローラーです。
2701と書いてある4ピンのIC:絶縁用のフォトカプラです。TLP2701かPS2701でしょうか

USB出力端子付近のIC

【再組立て時】
使用時にブザーがうるさかったのでマスキングテープで蓋をしておきました。
これでもまだ音が大きいです。抵抗でも交換して音を小さくした方が良いかもしれません。
USBコネクタ部の蓋をつけ忘れると、もう一度基板を外すことになります。
ちなみに、USBコネクタ蓋の上下を間違えるとカバーが閉まりませんでした…

再組立て時の写真

まとめ

HoldPeak製のUSB接続可能な6000カウントの中華テスター、HP-90Kを分解してみました。
HP-90EPCとは外観は似ていますが、中身はかなり違いがあります。
値段はそんなに変わらないんですが、正直HP-90Kの方がお金かかってそうな感じです。

データロガーソフトTsDMMViewerが使えれば文句なしなんですが、使われているICがヒントになるかと思いましたが、現状まだ動作させることが出来ませんでした。


HP-90Kの動作確認記事です。

4000カウントのUSB接続可能なテスター HP-90EPCの紹介記事と分解記事です。

その他テスターの分解記事

計測機器電子工作
スポンサーリンク
このページをシェアする
のぶをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のぶらぼ
タイトルとURLをコピーしました